列車内という、お客さまが一定時間その場にとどまる環境にあるJR車内メディアは、反復訴求効果に優れた媒体です。上記以外にも、「ドア横新B」をはじめ、小型ながら視認性に優れる「ステッカー」、「アドストラップ」、注目を集める映像媒体「トレインチャンネル」、大胆なビジュアル訴求を実現する「車体広告」、車体・車内を独占する「ADトレイン」などさまざまなユニットがあります。
中づり
鉄道を利用するお客さまの日常的な情報源として、新発売・新登場の告知等に活用されています。
ワイドサイズ(B3×2枚分の大きさ)での展開によって、より広告到達率を高めることが可能となります。
「単線中づり販売枠」は、エリアごとにターゲットを絞った効率的な訴求ができます。
まど上
料金が低く設定されており、コストパフォーマンスの高い商品です。
「まど上4連額面」は、車内最大の媒体サイズを活かしたインパクトあるクリエイティブ展開が可能です。
「まど上長期」では、単線ごとに掲出することが可能で、エリアごとにターゲットを絞った効率的な訴求ができます。
ドア横新B
鉄道を利用するお客さまの目線の高さが掲出位置となり、視認性が高い商品です。
ドア横新Bはポスター1枚ごとにフレームに入れて掲出するため、クオリティの高さを強調できます。
1車両6・4・3面掲出できる特性を生かし、ストーリー性を持たせた展開やフルジャック、ハーフジャックによる存在感がある展開が可能です。
ステッカー
ドア横、ドアガラス、ドア上部 等への掲出で、鉄道を利用するお客さまの視線に入りやすい商品です。
長期間の掲出による反復訴求効果により、広告到達率の高い商品です。
首都圏エリアをくまなくカバーできます。