駅広告の主な種類:駅貼りポスター、サインボード(看板)、横断幕、フロアー広告、SPメディア
通勤・通学など多くの人が定期的・日常的に往来するJRの駅は、もはや生活動線の一部といっても過言ではないでしょう。大型で、インパクトあるコミュニケーションを実現する「サインボード」や「駅貼りポスター」、JRの駅構内のあらゆるスペースをコミュニケーションの接点として活用する「SPメディア」など、そのユニットは多彩を極めます。またビークルを効果的に組み合わせたセット商品も数多くラインアップしています

駅貼りポスター
各駅に掲出できる枠が設定された商品で、1枠を1週間単位で販売。料金は駅ランク(S ~ H等)、ポスターサイズ(B0・B1・B2等)に よって異なり、1枚から購入できる枠とセット商品を複数展開しており、ニーズに合わせた掲出が可能です。
看板(サインボード)
各駅に掲出できる枠が設定された商品で、原則として1ヶ月以上の契約期間で販売しています。料金は駅・サイズ等によって異なり、1面から購入できる枠と、セットボード商品を複数展開しております。設置場所やサイズ等のバリエーションが豊富で、ニーズに合わせた掲出が可能です。最寄駅からの誘導・誘致を目的とした広告やエリアマーケティングに最適で、長期間の掲出で多くの接触機会も確保できます。
横断幕・シート・腰壁
駅を利用するお客さま、沿線に住むお客さまをターゲットにした情報発信に最適です。
各駅ごとの目立つ位置に掲出できるため、離れたところからでも移動中に自然と視界に飛び込んでくる商品です。広告料金は面積によって算出されます。
フロアー広告
改札近くに掲出可能で、駅周辺の情報を効果的に訴求できる媒体です。意外性から多くの注目を集める商品です。広告料金は面積によって算出されます。
自動改札ステッカー
JR東日本の鉄道を利用するお客さまが通過する自動改札機の、改札正面・Suicaタッチ 面の先に広告を展開できる商品です。
鉄道を利用するお客さまが必ず接触するため、高い反復効果と広告到達率が期待できます。
デジタルポスター(JADビジョン)

駅ポスター セット商品